top of page

AJ ミニ テーブル

更新日:2023年2月8日

デザイナー:Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)


窓辺やベッドサイド、あるいはミニテーブルとの組み合わせが最適


下方に向かって、明るい光を放ちます。シェードの角度を上下することで、光の向きを自由に調節できます。柔らかい反射光を生むため、シェードの内側は白色塗装されています。


アーネ・ヤコブセンは、1957年にコペンハーゲンのSASロイヤルホテル(現ラディソンコレクション)のために「AJランプ」をデザインしました。現在このシリーズは、建築家アーネ・ヤコブセンを代表するデザインとして世界中で知られています。 当時、AJランプは、テーブル、フロア、ウォールランプの他、小型のテーブルランプ、デスク取付用のテーブルランプでシリーズ構成されていました。1960年のホテルオープン時、ロビーにはステンレススティール製のAJウォールが、一列に美しく配置されていました。 ペンダントのAJ ロイヤルとともに、AJランプは、ヤコブセンが手掛けた SAS ロイヤルホテルのデザイン・コンセプトの一部として誕生しました。アーネ・ヤコブセンは、ホテル建築の細部までを設計するだけでなく、ホテルで使われる家具やユーティリティアイテムのほとんどをデザインしました。直線、斜角、直角の組み合わせを持つAJランプのフォルムは、ホテルロビーに置かれたソファシリーズ“3300”のフレームの角度だけでなく、ヤコブセンが手掛けた建築物の斜めの外形にも平行して配列されていると言われています。 AJ ランプは、銅製とステンレススティール製の2種が、ホテル内の複数のエリアに配置されていました。さらに当初は、AJ ペンダントのようにライトグレー、ダークブラウン、ブラックのカラーも用意されていました。そしてこれまでも幾度かの記念年を祝って新しい色が導入されてきました。 2020年には、SASロイヤルホテル開業60周年を記念してAJ テーブルミニが再リリースされました。AJテーブルミニは、特に窓辺やベッドサイド、あるいはミニテーブルとの組み合わせることで、くつろいだ雰囲気をつくりだす小さめのランプです。2020年にはまた、AJファミリーの全種に当初のステンレス・スティール素材が再び加わりました。AJランプは、ミニマリスティックで特徴的なフォルム、そして完璧な光という、ヤコブセンのデザイン・スピリットを空間に提供します。

サイズ

W113 × D183 × H433mm(シェードの長さ 247mm)

コード長:2m

重量

1.2kg

素材

シェード:スティールまたはステンレス

ベース:ダイキャスト亜鉛またはステンレス

支柱:スティールまたはステンレス

カラー

ポリッシュ・ステンレス

ホワイト

ブラック

ライト・グレー

ダーク・グレー

ペール・ペトローリアム

ダーク・グリーン

イエロー・オークル

ラスティー・レッド

オーバージーン(ナス色)

ミッドナイト・ブルー

光源

E17 LED電球(白熱40W相当/電球色)を内蔵

仕様

​2mのプラグ付き黒色コード(ホワイトタイプは白コード)

備考

​ベース部にスイッチ




閲覧数:30回

関連記事

すべて表示

SIGNS

bottom of page