top of page

エニグマ 545

更新日:2023年2月8日

デザイナー:内山 章一


空中に漂う光の彫刻


空中に漂う光の彫刻のような美しさが世界中で評価を得ている《エニグマ》の5枚シェード・ヴァージョンです。一般住宅よりもやや天井の高いレストランやオフィス、パブリック・スペースにフィットするよう、サイズと光量をアップさせています。


エニグマ 545は、シリーズの新しいヴァージョンとして、エニグマ 425をひとまわり大きくして2007年に日本人デザイナー内山章一がデザインしました。極細ワイヤーで吊られた複数のシェードが浮遊する軽く透明感のあるスタイルは、ルイスポールセンのデザイン・フィロソフィーと一致するばかりでなく、眩しさを遮る複数シェードシステムの新たな解釈であり、日本の優雅な美とスカンディナヴィアの簡素性の融合です。エニグマとは「謎」を意味しますが、点灯時に遠くから見るとシェードが宙に漂っているように見えることから命名されました。2018年には、新しいブラック・ヴァージョンが加わって用途が広がりました。静かに光をかたちづくるブラックは、より落ち着いた雰囲気を醸し出す効果があります。

サイズ

Ø545 x H970mm(パイプ含む) 全長:2070mm

※全長とは「商品+コード+引掛シーリングキャップ」の長さで、引掛シーリングボディの長さは含まれませんので、ご注意ください。

重量

2.1kg

素材

シェード:射出成型アクリル

ソケットカバーおよびパイプ:アルミ、黒色塗装仕上

ワイヤー:ステンレス

カラー

ホワイト / ブラック

光源

E11 LED電球(ハロゲン電球75W相当/電球色)を同梱

コード色

ホワイト:半透明

ブラック:黒色

取付方法

引掛シーリングもしくはダクトプラグ

備考

​フランジ、コードハンガー付属


閲覧数:57回

関連記事

すべて表示

SIGNS

Comments


bottom of page