top of page

我戸幹男商店




今に息づく、木地屋商人のカタチ。


我戸幹男商店(ガト ミキオ ショウテン)は山中漆器の商人や職人が歴史の中で積み上げてきた精神や技を「不易」、その実践における不断の変貌を「流行」と解釈し、時代の風尚に従って変化する姿勢を守り続ける。

閲覧数:17回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comentários


bottom of page